国民年金基金の利率とは?

そもそも、資本主義経済については、物価上昇を適度に考慮した「経済制度」になります。
物価は一般的に、年に2%から3%程度、上がると見られます。
将来的に見て、日本はインフレが起こる可能性が高いですよね。
(汗)何故なら、日本は少子化問題も抱えて、人口が減り続けます。
(汗)(涙)ですから、当然の事と思います。
(汗)。
そんな状態で、国や地方で1000兆円になる借金があると言うことは、日本の将来に大きな影があっても当然と言えます。
(汗)。
借金負担を減らすには、政府が物価上昇を起こすことも考えられます。
そうすると、インフレは起こってきますよね。
日本が現在は、貿易で黒字になっても、経済成長ができないと、輸出競争力も下がりますよね。
そうなれば、輸入品の価格も上昇することになります。
これが続くことで、あと10年程で貿易赤字国になってしまうと言います。
貿易赤字になると、円安になりますよね。
それが物価上昇に繋がるわけです。
ですから、日本の借金問題から考えても将来のインフレは免れないと言うことです。
将来的に物価上昇が起こる場合、国民年金基金の利率、1・75%と言う数字は、どう見ても老後の暮らしに安心感を持てません。
このデメリットも考えてから、自営業者、個人事業主と言うのは、国民年金基金なのか!?、確定拠出年金なのか!?
ほけんの窓口相談に持っていくものは?個人情報心配【保険証書必要?】